ディーラーの下取りと車体の値引きはなぜ? ごちゃまぜなの?

「車を高く売りたいけれど、どうすればいい?」
「いつもディーラーに依頼をしているけれど、他に方法はないの?」
「車をどこへ持っていけばいいの?」

車を高く売りたいけれど、方法がよくわからずに、悩んでいる人は結構いるようじゃの~

まあ、結論を先に言うとな、下取りだけはやめたほうがいいぞい!

んで、買取店に依頼すればほとんどのケースでお主が満足する買取額を提示してもらいえるぞ。

では、その理由を一つずつ解説していくかの~

ディーラーは新車を売ることがすべて

トヨタ、ニッサン、ダイハツ、マツダ、スバル、ヤナセなどの店舗に足を運ぶ理由は、新車の試乗や購入が目的じゃろ?

「私は車を売るためにいきます」なんて、そんな世間知らずは滅多にいないじゃろうが、つまり下取りは新車購入のためのきっかけ作りみたいなものじゃ。

たとえば200万円の新型自動車を20万円安くしてくれる、それプラスお主の愛車を下取りするのであと40万円値引きしてくれる、といったら誰だって嬉しいものじゃろ。

じゃが、その40万円っていうのはどういう基準で算出された金額だと思う?

「うーん、きちんと査定しているんだし大丈夫でしょう・・・」

ふーむ、実はわしもそう思ったんじゃが、あとで調べて見たら実際は60万円くらいの価値があって「アチャー」なんてことは日常茶飯事だったわけじゃよ。

わしはその事実を知ってから、下取りに出すことはやめたんじゃ。

昔はインターネットもなかったし、業界人の知り合いもいなかった。下取りは言われた金額が正しいと思っていたからの~

じゃが、最近じゃ、インターネットを介して、パソコンやスマホで検索できるようになったから世の中便利になったもんじゃ。

それにライバル比較ができないといったデメリットもあるんじゃよ。

ディーラーとの上手な交渉方法とは

まあ、簡単に言うと、2つあって「下取りなし」「一括査定サイトで事前にしらべる」ということじゃ。

まず、下取りなしについていじゃが、担当の営業マンに「いつも下取りをされていますが、今回はなぜでしょうか?」とツッコミを受けてしまう恐れがあるため、
友人に譲る予定、もしくはヤフオクで売るから、などといってかわす方法がベストじゃ。

また、一括査定サイトはお主の愛車の車種や走行距離を入力するだけで、ほんの1分ほどで結果がわかってしまうわけ。

料金も無料じゃし、利用する価値はあるぞい。

で、事前に調べたあとに「実は買取店だと80万円でうれるらしいですが」と最後にポロッとつぶやくのもいいかもしれん。

とはいえ、最後は買取店で

結局は、買取店に売ったほうが下取りよりも20~30万円高く売れるため、オトクなわけじゃ

理由は簡単で

1:ライバル点が多く競争原理が発生
2:買取店は中古車の仕入れを生業としている
3:査定方式がディーラーと違い、加点でプラスされていく

といった理由で、平均で約16万円も高くなるわけじゃ(※ズバット買取比較のアンケート結果より)

一括査定の流れは?

①査定依頼⇒②自宅に出張⇒③交渉、売買契約⇒④車の引渡し⇒⑤現金入金

「査定は無料? それと絶対に売らないといけない?」

といった質問がよくあるんじゃが、完全無料じゃし、無理に売る必要はないから安心じゃ。

ただ、熱心な査定担当者もいるから、ぜひ! と少ししつこいケースもあるわけじゃが、気になるほどではない。

もっと具体的な手続き方法は?

まあ、ワシのサイトでも十分に紹介できるわけじゃが、○○というサイトでもっと具体的なやり方や流れを紹介しておるぞい!

興味があったら、読んでみるんじゃぞ。